HOME > カテゴリー [ 政治のお話 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 --時--分 | スポンサー広告 | | コメント(-)

即日開票

ドイツ3位でした(´・ω・`)
オランダvsスペインが見たので
今日は早めの更新です
スポンサーサイト
2010年07月11日 20時33分 | 政治のお話 | | CM(0)

とーひょー!

あぁ~選挙の話もした方がいいのかな?w
とりあえず、明日期日前投票に行ってきます
2010年07月03日 23時01分 | 政治のお話 | | CM(0)

消費税の使い道

給料が月23万円で持病があり通院中、家族は2名
持家で貯金は2000万円あります

あなたはこの状況で生活はできる?
2010年06月19日 03時27分 | 政治のお話 | | CM(0)

口蹄疫の被害

宮崎県の口蹄疫の感染問題
蹄がある動物(偶蹄類)には感染の恐れがあり
県が消毒、殺傷処分などの対応し
一生懸命、感染拡大を阻止すべく努力している

口蹄疫自体は人に感染することはないらしい
しかし、衣服などに付着した状態で
牛や豚などに接触すると感染する可能性はある
空気感染もするらしく、ものすごく感染力が強い

この件に関しては報道規制がかかっている
感染の経路として、人が運ぶ可能性もあるので
取材に関して規制がかかるのは当たり前だとは思う
(農林水産省のページでは自粛するようにと記載されている)
しかし、絵がないから報道しないというのはどうなんだろうか?
支局などから情報を提供してもらい報道する
電話やメールなどで情報を集めて報道することはできるのではないのか?

というか、実際にこれほど口蹄疫が問題になっていることを
私はGW明けにインターネットで知ったわけだ
もし、GW中に宮崎県に旅行に行き、潜伏期間中の牛、豚がいる牧場に行っていたら
私が長野県まで口蹄疫を運んだことになっていた
(潜伏期間は6日程度あるそうです)

中央の対応についても実にお粗末だ
「消毒液が足りない」「人手が足りない」など
宮崎県がまさに必死の対応している中
消毒液を一箱も届けない!
(届けたと報道されたが、実際は宮崎県が独自に購入したもの)
県庁に訪問しただけ!
(実際に被害にあわれている方、農場への視察はしていない)
地元議員江藤拓氏からの申入れをキャンセル!
(首相・大臣ともにキャンセル)
赤松農林水産大臣は外遊!
(明日8日に帰国予定)

何が政治主導だ!
ふざけるのもいい加減にしろ!



ふるさと宮崎応援サイト

上記サイトから動画の書類がダウンロードできます
あまりに小額だと逆に迷惑になってしまいますので
友達や家族などのお金をまとめて振込んだ方がいいそうです

インターネットの情報で今回の記事は書きました
民主党をよく思っていない人がデマを流している可能性もありますから
各自が口蹄疫について調べて判断してみてください

でも、宮崎県で被害があって困っている人がいるのは事実です
2010年05月07日 21時49分 | 政治のお話 | | CM(0)

高齢者ドライバー

山梨県で79歳の男が運転する車が
スーパーに突っ込み7名が負傷だってさ

今回の場合はアクセルとブレーキを間違えるというミスらしいが
正常に判断ができればこんな事故は起こらない

高齢者ドライバーは自動車免許更新の際に
講習を受けることが義務になっていますが
う~ん、免許の更新って結構適当だからなぁ
もう少し、互いに自覚をもってやってほしいものです

高齢者ドライバーの危険性は身をもって体験している
2斜線の道を前から向かってくる車っていうのはなかなかの恐怖だった
(お互いに気がついて間に合いました)

「老人から免許剥奪しろよ!」ってのは
車がなくても生活できる地域の考え
田舎だと79歳のドライバーはまだ若かったりします

う~ん、難しい
私も車がないと生活できない地域ですからね
高齢者から免許剥奪っていう極論まではいけない
しかし、こんな事件・事故って言うのは
これからも増加していってしまう

何か面白い解決策っていうのはないものか・・・
2010年05月03日 22時43分 | 政治のお話 | | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。